任意整理による手続きまた

民事再生という選択肢はマンション等のローンもある多重債務に陥っている個人をターゲットとして住宅を手放すことなく経済的にやり直すための法的な機関による借金整理の方法として施行された解決方法です。

民事再生は、破産手続きのように免責不許可となる要件はありませんので競馬などで債務がふくらんだ場合もこの方法はOKですし破産申告により業務できなくなってしまうような立場で収入を得ている方でも民事再生手続きは検討可能です。

破産手続きでは住んでいる家を対象外にすることはできませんし、その他の債務処理では元金そのものは完済していく必要がありますので住宅のためのローンも返しながら返していくことは多くの場合は簡単ではないと思われます。

とはいえ、民事再生という処理を選択することができれば、住宅ローン等を除いた借金はけっこうな金額を圧縮することが可能ですので、住宅ローンなどを返しながらあとの負債を返済していくようなことができるということになります。

いっぽうで、民事再生という手段は任意整理による手続きまたは特定調停などと違いある部分のみの債務を除外扱いして手続きを行うことはできませんし破産宣告においてのように元金自体が消えてしまうのではありません。

これとは別の方法と比べていくらか簡単ではなく時間もかかりますので住宅のためのローンが残っていて住居を手放せないような状況以外において自己破産のようなそれ以外の方法がとれない際のあまり優先したくない処理とみなした方がいいでしょう。

MENU