任意整理は普通は借金の整理とも呼んでいて

任意整理は普通は借金の整理とも呼んでいて、お金の貸し手に対して借金の支払いを継続していくことを選択した借金を整理する方法なのです。

具体的な流れですが、司法書士の資格を持つものとか弁護士の有資格者債権を持つものと借り手との仲介役として相談し利息制限法に従って利息の再計算をしてから再計算した借入金の元金について借入金利を下げることによって3年前後の期間内で返済を行っていく借金の整理の対策です。

この場合は簡易裁判所等をはじめとする国家機関が管理することはないためそれ以外の方策と比較した場合でも、利用した際における不利になる点が一番小さく、過程は依頼人にとって一番頭の痛い問題にならないことからまず比較していただきたい手続きといえます。

くわえて、債権者がサラ金業者などの法外な借入金利ならば、利息を制限した法律が許している金利などを超過して渡した利息は元金に充てると考え借入元金それそのものを少なくしてしまうこともできてしまいます。

ですので、サラリーマン金融といったようなとても高額な借入利息のところに対し長期間返済している例だとある程度の額を減らすことができる場合もありますし十数年返済してきたケースでは元金そのものが消化されてしまうような場合もあります。

任意による整理の利点とすると自己破産手続きと異なり一部分の負債のみを整理していくことが可能ですので、他の連帯保証人が付いている借入を除き検討していく場合や住宅ローンの分を除き手続きしていく際等でも活用することも可能になりますし全ての財産を放棄してしまうことは求められませんので、土地などの資産を所有していて、処分してしまいたくない場合でも有用な債務整理の手続きといえます。

いっぽうで、手順を踏んでからの返済金額と現実として可能な所得額を比較検討し、妥当な範囲で返済の目処が立てられるようならばこの方法で手続きを進めることは可能ですが破産宣告と違い返済義務自体が消滅してしまうという意味ではありませんので、元金の総額が巨額な場合には現実には任意整理にての手続きを踏むのは難しいと判断することになるでしょう。

MENU