見落とさないようトレードしましょう

FXについての魅力は一つだけの投資の商品であるはずが投資期間を短・中・長の3つの中からどれを選ぶかということにより、出資の手だてが大きく変わってくる点にあると言われます。

まずは外貨に対して投入する「長い期間の投資」を見てみましょう。

長期投資というものは、一年以上の投資を基準としているのが普通です。

普通は為替においては、一年以上先のレートは円高か、反対に円安になっているかを予想するということは、たいていの場合無理です。

現実的には、「そんなに後々の動向は予想できない」と思うのが当然のことだからです。

未知なものを一生懸命に推測しようと思ったところでそんなことは無謀なことです。

そういう訳で外国貨幣を買い、買った時の価格よりも円高に変わったとしても、その差損分は近い将来戻ってくるくらいのイメージで向き合う必要があります。

差益を熱心に大きくすることに限定せずそれ以外の差益、つまりスワップポイントで利益を上げるのを最初の目的ということにして投資してみましょう。

当然のことですが短期的に為替変動の為の損が非常に大きくなることもあります。

よって、こんな差損があっても問題ないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限でトレードするのが必要です。

FXは損が一定範囲を上回って拡大してしまうと追い証を払わなければならなくなったり損切りになってしまったりします。

ロスカットをすることになったら、即売買をフィニッシュしなければならず、長期の投資は厳しくなります。

こういうリスクを回避するためには、レバレッジ2〜3倍ほどで売買するべきです。

次に中期スタンスの売買に関してです。

中期スタンスにおいては、長くても1〜2ヶ月程度後を推測してのトレードをします。

為替の売買の場合は、およそ1ヶ月ほど後のことはだいたいの場合、想定できると思われます。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)を始めとした閣議の議題や、為替取引に参加している人たちがどういった内容に着目しているかを聞いてみれば、だいたいの場合推測できると思います。

こんな経済情勢を見る一方、チャートを確認することによって為替の状態を理解できるようになりトレードを決定するのがベストです。

基本的にファンダメンタルズとテクニカルの両面で光り、もしくは買いが一致している時は、ほぼジャッジした通りに動くと考えて間違いありません。

そういった時は持ち高を増やすことでもっと高いリターンを入手できるのはほぼ間違いないでしょう。

第三に短期のトレードの要点です。

ここでの短期のトレードは、つまりはデイトレーディングを示しています。

為替市場でデイトレーディングを行う際は経済情勢は絶対に関係ないと言い切れます。

なぜならあくる日の為替相場の動向にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は無関係だからです。

この場合の、コツは目立ったイベントがある場合、それに影響してレートが大きく変化するチャンスを見落とさないようトレードしましょう。

例として米国にて雇用の統計が発表される、もしくは金融会議などにより金利が変動するという行事。

こうした大事な機会に変化を逃さないという意味合いで、短期のトレードでは技術的な知識が必要になる。

MENU