宝くじは夢を買うもの

宝くじには高額な賞金が用意されていますから、それにもし自分があたったという妄想をするのは楽しいことです。

そして宝くじには他のギャンブルとは違って、自分で何かを選択するということは無く、買うか買わないか、それだけです。

そういう手軽さと一角千金のチャンスが相まって、誰しもが気軽に参加できるギャンブルというイメージがあって、数あるギャンブルの中でも比較的市民権を得ている様に思います。

しかしこの宝くじが、どれ位の確率で当たるのかについては、うやむやなままです。

何等は何名に当たるというような情報はでていますが、肝心の売り出された宝くじの内の何枚が当たるのかについては、多くの方が知らないままに宝くじを購入しているのではないでしょうか。

ジャンボ宝くじでいうと数字の組みあわせから当選確率を考えた場合、確実に期待できる当選金額が購入価格を下回りますが、 その分は宝くじは夢を買うものといって宝くじを買う人の夢の中に消えます。

MENU