誤った請求・重複があるかの照合作業すら

利用利用レシート保管義務はないのだろうか??結果を先に述べると保有する必要は特段ありません。

ある人によっては保存することによって自分自身が会計した証拠を残したいと思う場合であれば捨てなければよいのですし、もしも履歴はいらないと考える場合にはとっておく必要はないと言えます。

とはいえ郵送される使用履歴との確認作業段階においては必ずこの利用レシートは不可欠なのです。

そこまで保持していないとなるとどの店で何日にどれだけ使用したのか?について明確でなくなってしまうだけではなく、誤った請求・重複があるかの照合作業すらできないのでリスキーです。

特段クレジットカードを決済した額は明細レシートを持っていないと覚えていることはできません。

できれば利用明細書類が来る1ヶ月から2ヶ月程度は厳重に保管するようにして頂きたい。

レシート破棄方法>カードの利用レシート処分手段はすごく簡単なのです。

誰かに不正な使用をされないよう破って捨てるだけです。

市販の裁断機が使える際には念のため利用するのが良いでしょう。

なにせクレジットカードの使用履歴を記載する利用レシートであるのだからクレジットカード番号など個人情報について特定できるものが詰まっているのです。

不必要なレシートと思わず廃棄は厳重に行うようにしたいです。

一方で、最近では安全対策のためにレシートにカードナンバーなどの機密の情報が表示されないケースもあるが過度な安心は禁物と思われます。

MENU