「胃痛」を起こさない為に気をつける事

「胃痛」はいつの時代も社会で働く大人にとって切っても切り離せない「健康問題」の一つに数える事が出来ます。

社会で働く日本人のほとんどの方が「胃痛」の症状を抱えている、との調査結果も出ています。

社会で働く大人を苦しめている「胃痛」。

その「胃痛」は「本人の心がけ次第」でかなり「胃痛」の症状を緩和する事が可能です。

その具体的な方法としては、「常にぬるま湯を摂取して胃酸を中和させておく」、「冷たい食べ物を食べ過ぎない、または一切冷たい食べ物は摂取しない」、「飲酒を控える、または飲酒量を減らす」、「コーヒーや紅茶などのカフェインの摂取を控える」、「香辛料などの刺激物の摂取を控える」、「脂っこい食べ物は控える」、「生のにんにくや生たまねぎの摂取を控える」などがあります。

これらは全て「胃に刺激を与えて胃痛の原因となる」ばかりではなく、様々な身体の不調を引き起こす事象も含まれています。

30代になったら、「胃痛」に気をつけて生活する様にしましょう。

MENU