なんと言ってもクレジットの履歴

使用した利用レシート保存義務はないのか?結果についてはじめに申し上げると保存する必要性は別にないというのが答えです。

人それぞれ保存することで自分自身が会計した証跡を持っていたいと思う際であれば保管すればよいのだし、もし明細はいらないと思うのであれば保管する理由はないと思います。

しかし来る使用明細書との照らし合わせ作業をする際にはこういった明細レシートが不可欠です。

その時点まで少なくとも保管しておかないと、どこのショップでどれだけ決済したのか?についてわからなくなることだけでなく、間違えた請求・重複等の確認作業さえも不可能になるのでリスキーです。

おそらくクレジットを利用した履歴はレシートを保存していないと記憶することはできないはずです。

できれば利用明細書が送付されてくる1ヶ月・2ヶ月程度の期間はきちんと捨てないようにして欲しい。

クレジットカードのレシート処分のやり方クレカのレシート廃棄手段は単純なのです。

不正使用されないよう、バラバラに切って破棄するだけで問題ない。

簡単なシュレッダーが自宅に置いてあるならば念には念を入れて使っても良いだろう。

なんと言ってもクレジットの履歴を記載しているレシートであるがゆえクレカナンバー等個人情報について特定できることがとても多く詰まっているのです。

所詮明細レシートと油断せず、慎重に行うべきでしょう。

最近は防犯のためレシートにクレジットNo等の機密情報が表示されないレシートも出てきているようだが、信用しすぎは禁物です。

MENU